臨床検査とは


ホーム > 臨床検査とは

臨床検査とは
臨床検査は身体の状態を示すサインのひとつ
私たちは体調に不安を感じたとき、近くの診療所や病院に行って、医師に診てもらいます。医師はまず、症状について質問し(問診)、たとえば、のどの赤みを 見る、あるいは痛みのある部分を触診する、脈拍や体温、血圧を測ったりして、私たちの身体の状態を把握します。そしてすぐに診断がつかないとき、医師はさ らに詳しく情報を得るために臨床検査を行います。
SRLグループが受託する臨床検体検査
臨床検査とは、ある病気の有無、場所、程度などについて、患者さまの身体をさまざまな方法で調べ、結果データを報告することです。臨床検査は以下の図のように分類することができ、SRLグループは臨床検体検査全般のアウトソーシングを承っています。
なかでもエスアールエルは、特殊検査の受託に強みを持っています。
臨床検査の分類

日衛協のホームページ

  • 臨床検査とは
  • 臨床検査情報
  • 治験事業

研究検査についての お問い合わせ


このページの先頭へ戻る ▲