SRL

電子カルテ・検査システム連携

専門スタッフが丁寧にサポートします

現在、医療機関からの検査委託においては、電子カルテ(HIS)・検査システム(LIS)を介したシステムインターフェースの構築が重要であると考えます。
エスアールエルでは、専門スタッフにより、システム接続対応と変換マスター整備を行い、安定的なデータ連携環境を実現いたします。
また、大手検査センターならではの、幅広いベンダ各社様との連携実績もありますので安心してお任せください。

システム接続対応と変換マスター整備を行い、安定的なデータ連携環境を行います

検査端末サービス、WEBーSPEEDY

検査システム(LIS)との連携に際しては、弊社検査端末サービスであるWEBーSpeedyによりオンラインによる依頼・コード変換・報告の機能を提供いたします。また、院内ネットワーク環境により、最適なデータ連携のご提案をさせていただくとともに、迅速で正確なインターフェースの運用を構築いたします。

WEBーSPEEDY

NaviBoxで診療支援

医療機関のイントラネットワークで運用する、WEB検査項目参照サービスです。WEBサーバー機能を有しておりますので、簡単に運用を開始することができ、院内の電子カルテ端末のブラウザからアクセスが可能です。また院内の運用に合わせて、検査詳細情報のカスタマイズも可能です。

NaviBox外観写真

システム概要

病院様へはNaviBox®をご用意しており、電子カルテと連携して検査の詳細情報を表示することができるようになります。例えば、検査オーダー時に採血管情報や臨床的意義などが表示されます。検査結果報告には基準値を参照することができます。さらに患者様への検査の説明にも利用することができる院内ネットワーク設置型の検査詳細情報サーバーです。

活用によるメリット

検査オーダの画面には採取容器の画像や検査所要日数など、詳細な情報が参照できます。保険点数や臨床的意義も参照できますので、診療支援に役立つツールとしてご利用いただけます。

サポート面

導入後は、月に1回程度、検査項目の最新情報とウイルスチェックの定義ファイルをお届けいたします。
NaviBox®に適用することで、検査情報の最新化とセキュリティ面を担保しています。

  • SRL宝函
  • Club SRL
  • 検索項目検索アプリ